ブログ Blog

同音異義語と同訓異字語

こんにちは、支援員の植原です。
しかし、9月に入ったというのに相変わらず暑いですね。
未だ真夏が続いている印象ですが、来週には少し気温が
下がるとの予報です。もう少しの辛抱ですね。

 

さて、本日のパスセンター上大岡ではすっかり定着した
感のあるプログラム「国語力」が行われました。

今回のお題は「同音異義語と同訓異字語」

 

同音異義語は発音が同じで意味の異なる語。
同訓異字語は訓読みは同じでも漢字が異なる語。
この二つを理解していない故に会話や文章で勘違い

をしてしまう等の失敗エピソードをよく聞きます。
笑い話で済めばよいのですが、仕事上の会話や文書

では冗談で済まなくなることもあるかもしれません。
同音意義と同訓異字を理解すればそうした失敗も少

なくなるはずです。

 

また、言葉遊びに用いられることもあります。
ダジャレなどは同音異義を使ったものが多いですし、
その他にも韻を踏む、ラップではライムなんて呼ぶ
そうですが、これも同音異義と同訓異字を応用した

ものですよね。
こうした言葉遊びができると会話が弾むような気が
します。

 

参加された皆さんは、同音異義と同訓異字に関する
問題に苦戦していた一方で、楽しそうに学んでいる

様子も窺えました。

 

わかっているようで意外と知らない国語のこんな事、

あんな事を学べる「国語力」
ぜひ皆さんの酸化、もとい参加お待ちしております。

 

余談ですが、夕方パスセンターの窓からうっすらと

二児、いや虹が見えました。

プログラムの内容、パスセンターの利用方法はこちらまで、

お気軽にお問い合わせください。

 

Instagramはじめました☆

こちらへどうぞ~

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせください
045-841-1130