ブログ Blog

「寒暖差疲労」を予防しよう!

もう1月も折り返してしまいましたね~!

昨日の極寒から一転、今日のお昼はぽかぽか陽気。

皆さん、体調崩していませんか??

 

こんにちは、支援員の佐藤です^^

 

 

さて、この頃は本当に日によって

暖かかったり寒かったりと、

気温がジェットコースターのように変動していますね。

 

最近ちょっと身体がだるいな~、とか

特に何もないのに疲れやすい気がする…など

感じている方、いらっしゃいませんか??

 

 

この急激な寒暖差、

人の身体には実は結構負担がかかっていたりします。

 

 

皆さん、「寒暖差疲労」ということばを

聞いたことがありますか??

 

 

人の体温は低い方で35度半ば~36度半ばくらいで

いつでも一定に保たれていますよね。

これは、身体の機能を守るために

体温を一定にコントロールする「ホメオスタシス(恒常性)」という

仕組みが備わっているから。

 

この体温の維持の役割を担ってくれているのが

皆さんも耳にしたことがある「自律神経」です。

 

少々の温度変化ならばゆるやかに自律神経が働くのですが、

寒暖の差が大きいと、体温を一定に保つために

自律神経も必要以上に活発になってしまいます。

 

その結果、過剰に身体のエネルギーを消費していまい

”疲れ”となって、だるさやしんどさとして表れてしまいます。

 

 

寒暖差疲労を溜め込まないためには、

 

①身体に寒暖差を感じさせないようにする

→防寒したり、お部屋をしっかり暖めたりしましょう

 WHO(世界保健機関)は室温は18℃以上にするようにと推奨されています!

 

②バランスの取れた食事を心掛ける

→エネルギー減になるたんぱく質や

 疲労回復効果のあるビタミンB群を積極的に取りましょう!

 

③しっかりと睡眠を取る

→ぐっすりと睡眠を取ることで、自律神経が整います。

 特に、睡眠をしっかりとることで副交感神経が優位になり

 心身の疲労が和らいでいきます。

 

④お風呂にゆっくり浸かる

→全身の血行が良くなることで疲労が取れ、

 ぬるめのお湯にゆっくり浸かると自律神経も整い

 入眠もスムーズになりやすくなります。

 

 

などが有効です!

これは、寒暖差疲労だけでなく

日々を元気に過ごすためにも大切なことですね♪

 

私たち支援員もしっかりとこれらの予防を意識しながら

毎日元気に過ごしています!!

 

 

一般就労をするにあたり、とても重要なことのひとつに

 

「毎日休まず、元気に出社することができる」

 

ということがあります。

 

 

どんなに仕事ができたり、

どんなに高いスキルを持っていたとしても

休んでばかりでは、評価は下がってしまうばかり。

 

自分自身も、どんどんと

職場に行きづらくなってしまうこともあります。

 

だからこそ、パスセンター上大岡では

社会性を身に着けたり、

就労に向けたパソコンスキルを高めていくと同時に

 

毎日しっかりと朝起きて通えるか

 

在宅訓練であっても、

しっかりと自宅で訓練に取り組むことができるか

 

という基礎的な部分を大切にしながら、

支援を行っています!

 

 

一般就労は一足飛びに出来るものではありません。

 

パスセンター上大岡で、

生活の基礎をしっかり固めながら

「働く」というあなたの夢を一緒に目指していきませんか♪

 

皆さまからのお問合せ、

見学や体験を心よりお待ちしております!!

 

パスセンター上大岡では利用者さん大募集中!!
さらに
支援スタッフも大募集!!
 
 
↓↓↓↓↓↓↓
 

Instagramはこちらをクリック☆

 

ご相談は、お電話

 045-841-1130 もしくは

こちらまで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

パスセンター上大岡公式のLINEからお問合せいただく

ことも可能です。下記と友だち登録のうえ、

お気軽にお問合せ下さいませ。

 

LINE ID:@140ulvdd

 

 
一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせください
045-841-1130