ブログ Blog

今井参議院議員との報告会・勉強会のご報告

先日、パスセンターが所属する一般社団法人社会福祉支援研究機構と

今井絵理子参議院議員との事業報告会・意見交換会が行われ、

そこにパスセンターの代表もさせていただきました。

 

今井絵理子さん、ご存じの方も多いはず。

 

そう、元SPEEDのメインボーカルだった、彼女です。

 

 

結婚後、2004年に長男出産。息子さんが聴覚障がいであることを公表され、

2016年の参議院選挙で初当選されました。
息子さんは現在、プロレスラーとして活躍されています。

(一度パスセンターの利用者さんと一緒に観戦にいきました)

 

 

国政でも活躍され、本会議で初の全質疑を手話を併用して行い、話題となりました。

 

そんな福祉問題に取り組んでおられる今井議員との事業報告会・意見交換会は、

大変有意義なものでした。

 

障がい福祉に詳しく、障がい者の立場と目線で頑張って活動されている今井絵理子議員には、
末永く国政の場での活躍をされることを期待しています。

 

 

 

その後場所を移動して、厚生労働省社会・援護局との勉強会に出席いたしました。

 

講師を務めていただいた厚生労働省障害福祉課の津曲課長様のお話では、

1.障害福祉サービスに国費で1.73兆円、地方分も合せ3.4兆円の資金が投入されている。

2.今後は更なる福祉の中身の充実が求められる。

3.就労移行支援の事業所は減少している。

コロナ禍での就職先企業や地方の景気悪化が原因の一つ。

 

とのことでした。厳しい財政の中、国も地方もできる限りの予算を付けていただいています。

 

障がい者のみなさまお一人おひとりが笑顔で暮らせるよう、われわれもより一層お役に立ちたいと、新たな決意をもって帰途に就きました。

 

 

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせください
045-841-1130